社会人カップルの会う頻度の理想は?お付き合いが長続きするための秘訣

社会人になるとお互いに仕事が忙しくなり、仕事関係の付き合いも増えるため、会う頻度が減ってしまう…というカップルも多いのではないでしょうか。または、社会人になってから遠距離になってしまい、会う頻度が激減してしまうカップルもいるでしょう。

当記事では社会人カップルが理想とする会う頻度についてお伝えします。

また、カップルの会う頻度が少ない場合のメリットデメリット、そしてお付き合いが長続きするための秘訣についてもまとめました。社会人になり、なかなかパートナーに会えず不安に思っている方は参考にしてくださいね。

 

社会人カップルの会う頻度の理想は?

社会人カップルが会う頻度は、インターネット上のアンケートなどを参考にすると、週1〜2回程度が多く見られます。つまり、カップルが会う理想の頻度は週1〜2回程度ということができます。

中にはお付き合いを始めたばかりで毎日会うカップルや、月に1,2回など自分の時間を大切にしながら付き合っているカップルもいるようです。

社会人は会う時間を作ることが大変な場合が多いですが、仕事終わりのディナーや週末にお休みを合わせるなど、お互いに時間を作り、週に一度は必ず会うというカップルが多いでしょう。

なぜ週に1~2回程度がカップルの理想の頻度とされているのでしょうか。

例えば前述したように毎日のように会うことが日常になってしまうと、仕事の調整に疲れたり、お互いにリフレッシュできる時間がなくなり息が詰まってしまうことも。また、毎日会うことが当たり前になってしまうと、会う頻度が減ってしまった時に「愛されていないのでは…」と不安になってしまう、ということも考えられます。

反対に、会いたくても会えない遠距離恋愛の場合は、月に1回など頻度が少なくなってしまいます。今は連絡手段はいくらでもあるとはいえ、好きな人に会うことで得られる充足感はカップルにとって必要です。

社会人カップルの理想の頻度である週1〜2回程度であれば、カップルでの時間を充実させ、自分の時間も大切にでき、互いに依存せずに過ごせるベストな頻度なのかもしれません。

 

社会人カップルが長続きする5つの秘訣

社会人カップルは学生の頃に比べると、会う頻度が少なくなってしまうことが多いです。そのため、お互いに理解し合い、自分の気持ちを伝え、相手への思いやりが必要になる場面が増えるでしょう。

ここでは、社会人カップルが長続きするための5つの秘訣についてお伝えします。

無理に相手に合わせない

付き合っているからといって、自分が納得できないことまで相手に合わせる必要はありません。もちろん、あなたが合わせたいと前向きに思えることならお相手も合わせてくれた方が嬉しいでしょう。

しかし、無理に相手に合わせすぎることでストレスが溜まり、お互いの望まぬ状態になってしまっては本末転倒です。

例えばあなたは週に1回会えれば満足なのに、相手には毎日会いたい!と言われる…。しかしそれに合わせていると必ずどこかで無理が出てきます。あなたの本当の気持ちを伝え、相手ときちんと話し合うことも大切です。

自分時間を確保する

社会人は忙しいため、なかなかカップルで会うことも少なくなるかもしれません。そのため、空き時間をすべてカップルで過ごす時間に充てたくなることもあるでしょう。しかし、自分一人の時間も確保しておかなければ、仕事以外の時間が「パートナーとの時間」だけになってしまいます。

ずっと一緒にいることは、カップルにとって望ましいことかもしれませんが、依存やマンネリの原因になることもあります。自分一人だけの時間を大切にすることで、カップルでいる時間は相手のことだけを考えられるため、濃密な時間を過ごすことができますよ。

ルールで縛りすぎない

付き合うことが決まると、細かくルールを決めるカップルもいますが、お付き合いを長続きさせるためにはルールで縛りすぎるのはよくありません。「異性とは連絡を取らない」「朝と夜は必ず連絡する」「プレゼントは〇万円以上」など、ルールを決めてしまうと窮屈になり、気持ちが離れる原因になってしまいます。

不安や望みがあるのならば事前に気持ちを話しておくことで、相手もその部分を気にして思いやることができます。不安や寂しさをルールで埋めず、お互いに思いやりを持つことで解決しましょう。

相手の仕事を理解する

「仕事が忙しくて今週は会えない」「飲み会に行くことになった」など、仕事のことで都合がつかず、なかなか会う時間が取れないこともあるでしょう。寂しさや不安から相手を責めたくなりますが、同じ職場でない限り仕事の忙しさや職場環境はその人にしか分からないことです。責めずに理解に努めることで、相手も安心して仕事に打ち込むことができます。

互いの仕事がうまくいくことは、カップルの関係にもプラスに働くでしょう。寂しい気持ちを正直に話すことはよいですが、不安から責めてしまわないように注意しましょう。

気持ちをきちんと伝える

もし頻繁に会えなくても、今はLINEや電話などもあり連絡は容易にできます。会えないときでも「好き」「愛してる」など、相手に対しての気持ちを伝えることで、相手は安心します。

また「会いたい」「寂しい」など、ネガティブな感情も時には伝えることも必要です。察してくれるだろうと相手の反応を待つのではなく、伝えるべき気持ちはきちんと伝えましょう。

お付き合いを長続きさせるためには、お互いが納得するためにどうすればいいのか二人できちんと話し合うことが大切です。互いの気持ちを知り、理解することでカップルの絆はより深まるでしょう。

感情のままに気持ちを押し付けてしまうと相手への負担になりがちですが、相手の状況や余裕を見てあなたの気持ちもきちんと伝えてみましょう。

 

カップルで会う頻度が少ない場合のメリット

カップルで会う頻度が少ないと、不安や寂しさを感じてしまうこともありますが、反対にメリットもあります。

ここではカップルで会う頻度が少ない場合のメリットを3つ挙げました。

マンネリ化しにくい

週に2~3回会うカップルであれば、数か月も経てばデートはマンネリ化してくるでしょう。デートでは出費もかさむため、お金がかからないところにしか行かなくなり、おうちデートが定番化してしまったという例もあると言います。また、会う頻度が多いことで関係性もマンネリ化し、お付き合いが長続きしない場合もあります。

会う頻度が少なければ、デートの度に計画を立て、充実したデートができます。1回のデート内容が濃くなるため、関係性もマンネリ化しにくいでしょう。

一緒に過ごす時間を大切にできる

会う頻度が少ないカップルは、その分一緒に過ごせる時間をとても大切にします。頻繁に会えないため、会うたびにドキドキし、新鮮さも保てるでしょう。また、忙しい中時間を割いて会ってくれている相手に感謝の気持ちも芽生えます。

カップルでの時間を大切に過ごすことで、相手への気持ちが大きくなり、大切に思い合うことができるでしょう。

結婚について考える時間ができる

会えない時間が多いと、相手のことを考える時間が多くなります。「会いたいのになかなか会えない」状況にあると「もっと一緒にいたい!」という思いから、結婚や同棲を考え出す人も多いのではないでしょうか。

学生であればまだ結婚は非現実的ですが、社会人ともなれば結婚は自然と考えられるようになります。

 

カップルで会う頻度が少ない場合のデメリット

一方で、会う頻度が少ないと生じるデメリットはどんなものが考えられるでしょうか。

ここではカップルで会う頻度が少ない場合のデメリットを2つ挙げました。

寂しさや不安を感じやすくなる

会う頻度が少ないと寂しさや不安を感じ、ネガティブになってしまいます。会えないストレスで相手に感情をぶつけてしまうこともあるでしょう。

もちろん、会えないことで寂しさや不安を感じてしまうことはありますが、次に会えた時のために自分磨きをしておく、次のデートプランを考えるなど、カップルの時間を充実させるために一人の時間も大切に過ごしましょう。

気持ちが冷める場合もある

なかなか会えない日々が続くと、自然と気持ちが離れてしまう可能性もあります。カップルにとって、会って話す時間やスキンシップはとても大切です。連絡手段はいくらでもありますが、直接会うことで伝わること、満たされる気持ちは必ずあります。

会う頻度が減ってしまうことは仕方のないことではありますが、その状況でお付き合いを続けるためにはお互いに何が必要か、話し合う必要があるでしょう。

 

社会人カップルにおすすめのデート7選!

社会人になると、学生の頃より自由にお金が使えるようになります。また、車の運転をできる方も多いのではないでしょうか。学生の頃より行動範囲が広げられるため、社会人のデートは選択肢も広がります。

また、お互いに社会人だと、毎日の仕事に疲れて癒しを求めている場合も多いです。

ここでは、社会人カップルのデートにおすすめの内容をご紹介します。

ドライブでゆっくり会話を楽しむ

ドライブは密室空間で二人きりになるため、社会人カップルにはおすすめです。

普段外ではなかなか話せない本音や愚痴なんかも話しやすくなり、二人の距離感がグッと縮まるのではないでしょうか。

ゆっくりと会話を楽しむことで、相手の知らなかった一面が見え、より相手のことを知ることができます。

また、お花見や海、紅葉や雪景色など、景色を楽しめる場所にドライブに出かければ、四季折々の雰囲気に癒しをもらえますよ。

ドライブデートは何する?2人の距離が縮まる5つの理由とされたら嬉しい行動7選

ドライブデートをしたい! でもドライブデートって狭い車内で2人きり。 2人きりって気まずくならないか心配だし、何をすればよいかよくわからない・・・ そんな不安な状態…

ドライブデートの持ち物21選!付き合う前に気配り上手と思われたい女子の必需品とは?

付き合う前の微妙な時期のドライブデートはめちゃくちゃドキドキします。 だからこそ失敗したくないし、男性に「気配り上手」だと思われたいですよね。 実は持ち物一つで…

公園で自然を楽しむ

気候のいい季節には、公園デートもよいでしょう。子どもが遊ぶような公園ではなく、自然が多くあり、開放感のある公園がおすすめです。

お弁当を持ってピクニックや、バドミントンやバレーボールなどで体を動かすのもいいかもしれませんね。自然の中で体を動かすと気分もリフレッシュできるので、忙しい社会人にこそおすすめのデートです。

スポーツ観戦で盛り上がる

好きなスポーツがあれば、スポーツ観戦で盛り上がるのもおすすめです。

スポーツ観戦は自然と場が盛り上がるので、付き合いたてのカップルでも気まずさを感じにくく、ハイタッチなどのスキンシップも取りやすいです。また、ナイトゲームもあるため、仕事終わりにスポーツ観戦を楽しむのもいいですね。

観光地で非日常を味わう

休みの日には少し足を延ばして観光地で非日常を味わうのもよいでしょう。

普段見られない景色や、土地ごとに違う文化、郷土料理など、日常では味わえないものをカップルで共有することで、思い出として残りやすくなります。

キャンプデートで協力し合う

最近のキャンプブームにカップルで飛び込んでみるのもおすすめです。昨今のキャンプグッズは初心者でも楽しめるように簡単に設営できるものも多くあります。

キャンプではやることがたくさんある為、カップルで協力が必要です。テントの設営やまき割り、料理など、普段しないことを二人で相談しながら協力して作り上げることで絆が深まり、知らなかった一面が見えることもあるでしょう。

スパや温泉で癒される

疲れている社会人には癒しが不可欠です。お出かけも楽しいですが、たまにはスパや温泉で癒しデートもよいでしょう。

今はカップルが一緒に過ごせるスパもあります。スパで癒された後には浴衣で食事をしたりと、ちょっとした旅行気分を味わえるのもいいですね。

お家でまったりする

仕事が忙しく、疲れている時にはまったりお家でのデートもおすすめです。

映画を観たり、一緒に料理をするのもよいですが、ピザを作ってみたり、たこ焼きを焼いたり、普段と違うことをすることでいつもとは違うお家デートを楽しめます。

 

お互い理想の会う頻度を伝え合おう

社会人カップルの会う頻度は、二人の仕事環境や生活スタイル、遠距離かそうでないかで変わってきます。

そのため、カップルによって会う頻度の最適解は異なるでしょう。

毎日会うことがお互いにとって良いカップルもいれば、週1回会えば十分、月2回でもうまく付き合っているカップルもいます。

お互いにどれくらいの頻度であれば心地よいのか、二人の気持ちを話し合うことが大切です。

また会う頻度だけでなく、会う時の濃密さも意識して、長続きするカップルを目指しましょう。