真剣交際から破局しないための7つのコツ!2人のご縁をより深くするために・・・

真剣交際から破局しないための7つのコツ!2人のご縁をより深くするために・・・

結婚相談所で紹介され、結婚に向けて真剣交際をしていたのに、残念ながら世の中には破局を迎えるカップルがいることも事実です。

この記事では、真剣交際をしている方達が幸せなゴールに向かうための7つのコツをお伝えします。

真剣交際からの破局を乗り越えることで、結婚に向けて2人の気持ちはより固まり、ご縁も深まることでしょう。

 

真剣交際で破局する5つの傾向

真剣交際で破局する5つの傾向

結婚相談所の紹介で真剣交際していたにもかかわらず、破局してしまうのは、次の5つの傾向のいずれかに当てはまることが多いようです。

裏を返せば、この5つの傾向に当たる価値観を互いにしっかりすり合わせることができれば、二人の仲は順調に深まっていくと言えるでしょう。

真剣交際していた男女が破局する5つの傾向はこちらになります。

  • ①相手への要求が多いから
  • ②金銭感覚の格差があるから
  • ③不誠実な行動をされたから
  • ④家族から反対されたから
  • ⑤交際に迷いが生じたから

 

それでは、一つ一つお伝えします。

 

相手への要求が多いから

真剣交際で破局する傾向の1つ目は、「相手への要求が多いから」が挙げられます。

結婚を意識して真剣交際していると、お互いに「こうして欲しい」「ここは譲れない」という希望や要望が出てきます。

しかし、その希望や要望が膨れ上がり、お互いに要求が過剰になりすぎるとどうでしょうか?

結婚に向けて知っておきたい気持ちはわかります。

ただし、お互いに今まで違う環境で育ち、いろんな経験から自分の考え方を持っているため、生活習慣や将来に向けての価値観の違いがあるのは当然です。

その上で「仕事は辞めて欲しい」とか「親の介護は当たり前だろう」とか相手への要求を次々出すと、相手の方は結婚に対しての不安やあなたへの不満を募らせてしまいます。

結婚とは2人で歩んでいくものです。お互いが日々気持ちよく過ごすために、要求するだけでなく、思いやりを持ち、お互いの考えに歩み寄ることが出来るかがとても重要です。

金銭感覚の格差があるから

真剣交際で破局する傾向の2つ目は、「金銭感覚の格差があるから」が挙げられます。

普通に交際をしていると気付かなかったり、見えないふりをしていたりしていたお金についての感覚も、真剣交際をし、いざ結婚となると気になるものです。

自分の許容範囲を超えて派手にお金を使う人や、異常なまでの節約家など、金銭感覚のずれは後々大きな問題になることがあります。

お金の話はなるべく避けたいと思いがちですが、結婚して一緒に生活していく上で、お金は切っても切れないものです。
金銭感覚の格差については、お互いに話し合い、見直していく姿勢を持つことが大切です。

不誠実な行動をされたから

真剣交際で破局する傾向の3つ目は、「不誠実な行動をされたから」が挙げられます。

真剣交際とは、結婚相談所で紹介され、1対1でのお付き合いをすることです。

それにも関わらず、新たなお見合いを組んだり、複数の方と会っていたり、また別の婚活サービスを利用していたりなど、決して誠実とは言えない行動をとっている方が全くいないとは言い切れません。

一般論ではありますが、発覚した段階で誠実な対応をしてほしいと話しても、改善されなかったり、理解できないような行動が続いたりするのであれば、結婚相談所のカウンセラーに相談し、間に入ってもらうとよいでしょう。

家族から反対されたから

真剣交際で破局する傾向の4つ目は、「家族から反対されたから」が挙げられます。

真剣交際から結婚へとなったときは、自分の両親や家族にお相手の方を紹介することとなります。結婚後は家族になるわけですから、お互い育ってきた環境や先祖代々守られてきたものなどを知るためにも早めに紹介できると良いでしょう。

ただ、その際に自分の両親や家族からの反対があるかもしれません。

その場合は、結婚に向けて真剣に交際していることを伝え、理解してもらえるように努めましょう。

交際に迷いが生じたから

真剣交際で破局する傾向の5つ目は、「交際に迷いが生じたから」が挙げられます。

真剣交際をしているうちに、心配事や不安なことがあって「本当にこの人で良いのだろうか?」と思いながら交際を続けていることもあるでしょう。

また、好みではないけれども良い人そうだし、そのうちに好きになるかも知れないと思いながら交際してた場合、いざ結婚の決断を迫られて迷いが生じることもよくある話です。

結婚は交際に迷いが生じてしまうと、その迷いをカバーできる大きな安心がなければ、真剣交際をしていたとはいえ、結婚へと踏み出すのはとても不安なことです。交際に迷いが生じた場合は、その迷いをカバーする大きな安心を得られるように、結婚相談所を始め、周りに相談するようにしましょう。

 

真剣交際の破局を避け、幸せをつかむ7つのコツ

真剣交際の破局を避け、幸せをつかむ7つのコツ

真剣交際から結婚へと思っていたのに、途中で破局を選択せざるを得ない状況に陥るのはとても辛いことです。
この人と共に家庭を築きたいと真剣交際していたならば、破局はできるだけ避けたいものですね。

どのようにすれば避けられるのでしょうか?

ここでは、破局を避けて幸せなゴールに向かうために、真剣交際の破局を避けるコツを7つお伝えします。

  • ①結婚後の仕事観を共有する
  • ②結婚生活の家事分担を話し合う
  • ③金銭感覚の歩み寄りを試みる
  • ④隠し事は早めに話して理解を得る
  • ⑤家族関係について話しておく
  • ⑥お互いの立場を理解する
  • ⑦結婚の意思を確かめ合う

 

それでは、順にお伝えします。

 

結婚後の仕事観を共有する

真剣交際の破局を避けるコツの1つ目は、「結婚後の仕事観を共有する」です。

結婚しても変わらず2人で働き続ける、パートに切り換える、仕事を辞め専業主婦(夫)となるなど、働き方や考え方にさまざまなパターンがあります。

さらに、それぞれに結婚後の生活について、憧れや希望があるでしょう。

今の仕事が楽しくて続けるつもりでいたのに、お相手は「なるべく家にいて欲しいから、今の仕事は辞めてパートにして欲しい」とか、逆に憧れの専業主婦(夫)になるつもりが「フルタイムで働いてくれ」とか自分の考えと違うことを言われるかもしれません。

また、お金が欲しいから働くだけではなく、社会と関わっていたいなどの独自の仕事観をお持ちの方もおられます。

たとえ意見が食い違ったとしても、結婚後の生活や仕事観についてよく話し合い、意見を共有することは今後の結婚生活においてとても大切なことです。

後回しにせず、相手の気持ちを理解し、歩み寄り、妥協点を見つけていけると良いでしょう。

結婚生活の家事分担を話し合う

真剣交際の破局を避けるコツの2つ目は、「結婚生活の家事分担を話し合う」です。

共働きが増えている今、家事の分担でもめるという話を耳にすることがあります。

家事を手伝いたいと思っていても何をして良いのかわからない。やり方がわからない。ということもあるかもしれません。
また、やってほしいことと出来ることがかみ合わないことも考えられます。

「お風呂掃除は苦手だけど、お皿洗いは得意」とか、「テレビを見ながら出来るから洗濯物をたたむよ」など、お互いの出来ることを共有するのは大切です。

小さなことからで良いので負担が偏らず、うまく分担できるよう話し合っていきましょう。

金銭感覚の歩み寄りを試みる

真剣交際の破局を避けるコツの3つ目は、「金銭感覚の歩み寄りを試みる」です。

金銭感覚は子供のころからの環境や生活の仕方により違いが出てくるものです。この感覚の違いはすぐに解決できるものではないのかもしれません。

デートの時のショッピングや趣味でのお金の使い方、食事で割り勘などの支払い方などで垣間見えてくるものもあるかもしれません。

しかし、あまりにも感覚が違い過ぎると揉める原因となってしまいます。衣・食・住の何を重要視するのか、それより旅行にお金をかけたい、いや趣味は外せないなどの意見を出し合い、お互いが窮屈になりすぎないようにしていきたいものです。

結婚後は、2人の貯蓄や収入が共通の財産とみなされます。将来の為にも、よく話し合いお互い少しつ歩み寄って揉めることのないようにしましょう。

隠し事は早めに話して理解を得る

真剣交際の破局を避けるコツの4つ目は、「隠し事は早めに話して理解を得る」です。

持病があったり過去に大きな病気をした、借金がある、カツラをつけているや整形したことがある、引きこもりをしていた時期がある、変わった癖があるなどマイナスと思われてしまう内容は隠しておきたいと考えてしまいます。

一生懸命隠そうとしていたのに、相手が気付いてバレてしまうことがあっては良くないです。

自分のことだけでなく、家族の病気や障害などを含め、話しにくいことであればなおさら、早めにお相手に伝えましょう。

こちらから正直に話をすることで、理解が得られ良い方向へ進むはずです。悩んでしまうようであれば、結婚相談所のカウンセラーさんに伝え方を相談するという手もあります。

家族関係について話しておく

真剣交際の破局を避けるコツの5つ目は、「家族関係について話しておく」です。

結婚は2人だけの問題ではなく、それぞれの両親や兄弟とも家族になるということです。

親との関係が良好で無かったり、反対されているなど、家族との関係を伝え合うのは大切です。

また、親が同居、二世帯住宅を望んでいる、病気で介護が必要など、これからの生活に大きく関わる内容もよく話し合っておくとよいでしょう。

お互いの立場を理解する

真剣交際の破局を避けるコツの6つ目は、「お互いの立場を理解する」です。

ここまで、真剣交際の破局を避けるコツとして、仕事観や家事分担、金銭感覚など話し合って歩み寄ることが大切であるとお伝えしてきました。

もしかすると、望んでいないことを了承せざる負えない場合もあったでしょう。それを相手の立場になって考えてみると、そういうことかと理解できることもあります。

どうしても認めたくない、譲れないことがあった場合は破局という選択も仕方ないかもしれませんが、お互いが相手の立場になってもう一度考え直し、理解しようとすることで、さらに歩み寄ることも出来るのではないでしょうか。

結婚の意思を確かめ合う

真剣交際の破局を避けるコツの7つ目は、「結婚の意思を確かめ合う」です。

結婚に向けて真剣交際していると、ふと迷いが生じたり、マリッジブルーになってしまったりすることもあります。

お互いに不安な気持ちがないか確かめ合い、もし不安があればしっかり話し合って解決していくという流れは、今後の結婚生活においてもとても大切なことです。

決して、自分の結婚したいという思いだけで突き進まないようにしてください。

真剣交際をしているということは、結婚への準備期間となります。2人でどう生きていくかという将来設計の話をしながら、信頼関係を高め、「結婚」への意思を確かめ合っていきましょう。

 

幸せな結婚をするために、相談してみよう

幸せな結婚をするために、相談してみよう

本記事では、真剣交際をしていて破局してしまう理由や破局を避けるコツなどをお伝えしてきました。

本来ならば、真剣交際の上に結婚へとスムーズに事がすすめばよいのですが、ほとんどの人はいろいろな不安や迷いを感じながらそれを2人で乗り越えて結ばれていきます。

真剣交際をしていて破局を選択される方は、話し合いの中で別々の道をすすむという乗り越え方をしたに過ぎません。

しかし、ここまで真剣交際を重ねてきた2人ですから、破局を選択する前にもっと歩み寄ることができたのではないでしょうか?

もし、周りに相談できる人があまりいないのであれば、結婚相談所のカウンセラーなどに相談してみるのもよいでしょう。

幸せな結婚をするためには、2人でお互いの不安や迷いを乗り越える力をつけることも大切なのです。