40代の独身男性の特徴は?独身男性の共通事項と結婚を目指す方法を解説

近年、40代で独身の男性が増えています

「独身のまま40代を迎えてしまった」「まわりの40代はほとんど結婚してるのに自分は…」と焦りや不安を感じ始めることがあるでしょう

また、「結婚相手として40代独身男性ってどうなの?」気になっている女性も多いのではないでしょうか。

今回の記事では、40代の独身男性の特徴をお伝えし、結婚するための具体的な行動について詳しく解説していきます。

 

40代の独身男性は増えている?

未婚の40代男性が増えていると耳にしたことはありませんか?

一方で、40代になってから幸せな結婚を手にした方もいます。

実際のところはどうなのでしょうか?厚生労働省の『厚生労働白書』のデータをもとに、40代男性の未婚率の推移と増加の背景を解説します。

 

40代男性の未婚率は年々上昇

厚生労働省が発表している『厚生労働白書』の年齢階級別未婚率の推移によると、2015年の40〜44歳男性の未婚率は30.0%、45〜49歳男性の未婚率は25.9%となっています。つまり、40代前半の男性は3.3人に1人、40代後半の男性は3.9人に1人が独身ということです。(※1)

グラフの通り、1980年は40代前半の未婚率は4.7%、40代後半は4.7%であり、35年間でなんと40代前半は6.4倍、40代後半は8.4倍に増えていることが分かります。

※1 参照:厚生労働省 令和2年版厚生労働白書-令和時代の社会保障と働き方を考える 年齢階級別未婚率の推移

 

40代男性の未婚率が増加した背景は?

では、40代男性の未婚率が増加した背景はどのようなものでしょうか?

かつては、結婚するのが当たり前という風潮があり、親同士や親族が結婚を進めるケースが多く、仲人によってお見合いの話もよくありました。しかしながら、近年は自由恋愛から結婚に至ることが多く、さらに未婚の人に結婚を勧めるとセクハラと捉えられてしまう恐れがあることから、他人が結婚に介入するケースが減っています

また、2008年のリーマンショックによる不景気のあおりで非正規雇用から正社員になれず、金銭面で結婚をためらうことも理由の一つでしょう。

このように、未婚率が増加した背景は、恋愛結婚の増加と他人が介入する結婚の減少、さらに金銭面への不安が考えられます。

 

「結婚願望あり」と答えた男性は36.0%

40代男性の未婚率が増加していますが、2.8人に1人が結婚願望があると調査データから分かっています。

『男女共同参画白書 令和4年版 今後の結婚願望』によると、「結婚願望あり」と答えた40代の独身男性の割合は36.0%であると示されています。※2

つまり、独身の40代男性の中には、結婚したい意思を持っている人も多くいるのです。

※2 参照:男女共同参画白書 令和4年版 今後の結婚願望

 

40代の独身男性の14の特徴

40代男性で独身の場合「どうして自分は結婚できないのか」と悩んだ経験はありませんか?また、女性の中には「どうしてこの年齢まで独身なんだろう?」と思う場合もあるでしょう。

40代独身男性にはどのような特徴があるのか、プライベートや仕事を取り巻く環境、価値観といった側面から解説していきます。

 

①女性との出会いがない

20代と比べて30代、30代と比べて40代といったように、年齢を重ねると出会いの機会が少なくなってしまう傾向にあります。

なぜなら、出会う女性が既婚者であったり、友人や同僚の大半が結婚して家庭を持っていたりするため紹介される機会がめっきり少なくなってしまうためです。

結婚したいと思っていても、出会いがないことに悩んでいる場合があるでしょう。そのため、女性からの出会いを受け身で待っているだけではチャンスを掴みにくいといえるでしょう。

 

②仕事が忙しく恋愛を重視できなかった

40代男性の場合、仕事が忙しくて恋愛や婚活に時間や意識を割くことができなかった場合もあるでしょう。

20〜30代の頃は早く一人前になるために恋愛より仕事を優先し、気付いたら独身のまま40代を迎えてしまった方もいらっしゃるでしょう。ほかにも、転勤が多く安定した恋愛関係を築くことが難しかった場合もあります。

また、40代になると職場において中堅のポジションとなり、仕事が忙しくなることも独身男性の特徴です。残業や早出などを引き受けて職場と家の往復の生活になることもあり、ますます女性と出会うきっかけが遠ざかってしまうことがあります。

 

③独身生活を満喫している

独身で日々の生活に不満を感じていなかったり、むしろ誰にも気を遣わずに暮らせる1人暮らしに快適さを感じている場合があります。

休日は外出や趣味などを存分に楽しむことができる快適な生活を今さら変えたくない、手放したくないと感じているのです。

特に40代になると収入にも余裕が生まれて、食事や趣味で少し贅沢ができるようになるため、ますます独身生活を謳歌するようになるでしょう。

④他人と生活することが不安

一人暮らし歴が長い独身男性の場合、他人と一緒に暮らせるのか不安を感じている場合があります。

1人暮らしが長くなると、自分のペースが確立されていたり、家事のやり方にもマイルールが生まれたりするでしょう。

そのため、結婚して他人と一緒に暮らすことに対して「自分のペースを乱されてしまうのでは」「相手のペースに合わせられない気がする」といった抵抗感を持つことがあります。

 

⑤同じ生活に慣れている

独身男性の場合、同じ生活に慣れている特徴があります。

毎朝起きて仕事に行き、帰宅して寝るのみの平日を送り、週末は家事を片付けてから漫画やゲーム、釣り、ランニング、お酒といった娯楽を自分のペースで楽しんでいます。

日々、驚くような出来事や新しい発見は少なく、穏やかで決まったルーティンの生活をしていると考えられるでしょう。

 

⑥こだわりが強い

40代の独身男性の場合、こだわりが強いケースがあるでしょう。

年齢を重ねるとともに、こだわりが強くなることもあります。しかしながら、独身男性の場合はこだわりの強さを指摘してくれる人が周りにいなかったり、日々の生活を共にしていないと気付かれない場合があります

そのため、こだわりの強さを自覚せずに過ごしていることがあるといえます。

 

⑦実家暮らし

40代の独身男性の中には、実家で暮らしている場合もあるでしょう。

「実家の方が楽、今の職場では実家を出る必要がない」といった利便性から実家暮らしを続けている場合もありますし、実家の両親が高齢となり、面倒をみるために同居しているケースもあるでしょう。

そのため、実家暮らしはネガティブな要素ではなく、合理的な考えの結果であったり優しさによる場合もあるといえます。

 

⑧子供が欲しいと考えている

40代の独身男性の中には子供が欲しいと考えている人がいます。

家庭を持っている友人や同僚などが子供との出来事を話しているのを聞いて、少し羨ましく感じたり、自分の子孫を残していきたい、両親に孫の顔を見せてあげたいといった気持ちから子供のことを考えることがあるでしょう。

特に40代になると、自分の定年までの年数を逆算して「教育費を考えると何歳までに子供が欲しい」など考えることがあります。

⑨独身を貫こうか迷っている

40代になると、独身を貫こうか迷うことがあるでしょう。

生涯未婚のまま暮らした方が同年代のようにお金や子供、奥さんの愚痴などに悩むことがないだろうと思う一方、やはり独身であることの寂しさを感じている場合もあります。

そのため、40代はこのまま独身を貫いてお金や時間を自由に使える日々を続けるか、結婚して家庭を築いていくか悩む岐路であるといえるでしょう。

 

⑩老後のことが心配

老後への不安を持ち始める点も40代独身男性の特徴です。

40代になると、年齢を重ねて少しずつ身体の衰えを感じたり、健康診断の結果が思わしくなかったりと健康へのリスクが増えていく時期です。さらに、自分の両親が高齢になると、より将来の老後が不安になることがあるでしょう。

周囲の同僚や友人は妻や子供など頼れる相手が多い中、独身である自分の老後をイメージして不安に感じることがあるでしょう。

 

⑪良い人がいたら結婚したい

40代の独身男性の中には、良い人がいれば結婚したいと思っている人もいます。

結婚に向けて焦りはあるものの、焦っても何も変わらないと思って、何か変化が訪れるのを待っている節があるでしょう。

そのため、「機会があれば」「良い人がいれば」いつでも結婚したいと考えています。

 

⑫結婚するなら年下がいい

40代の独身男性の特徴として、結婚相手は年下がいいと思っていることがあります。

20代、30代と比べて、40代になると男女ともに見た目や体力などに変化が生じます。そのため、少しでも若い女性と結婚したい、子供を持つことを考えると若い奥さんがいいと思っているケースがあるでしょう。

そのため、身近にいる同年齢の女性の魅力に気付けていなかったり、少々高望みしてしまう場合もあります。

 

⑬女性に求める条件やハードルが高い

結婚相手として年下を望んでいることと同様に、女性に対する条件やハードルが高い場合があります。

例えば、若い頃から思い描いていた理想や好みのタイプがアップデートされていなかったり、少々高望みしていることがあります。「普通の子でいい」と思っていても、自分が考える普通の基準が高いこともあるでしょう。

容姿や年齢、職業、家事のスキルなど、求めるものが高かったり、望むものが多すぎないかを振り返ってみることが大切です。

⑭女性との交際経験が少なく接し方が分からない

40代の独身男性の中には、女性との交際経験が少なく、接し方が分からない人もいます。

今までに一度も交際経験がなかったり、最後に彼女がいたのは学生の頃といった場合、女性とどのように交際すればいいのか、どうやったら結婚の運びになるのかイメージしづらいことがあるでしょう。

ほかにも、職場では女性と話せるものの、プライベートでは女性と話せないことがあります。

実際女性と対峙すると、ネットにおける恋愛テクニックや方法論をそのまま参考にするだけでは足りない場合がほとんどです。どうやって接して良いか分からず、女性と関わることに苦手意識を持っていることがあるでしょう。

交際経験が少ないことをコンプレックスに感じ、アプローチをためらってしまうことがあります。

 

結婚か?まだ独身でいるか?判断するポイント

お伝えした特徴にどれだけ当てはまったかを踏まえながら、婚活がおすすめな人と、まだ独身でいたほうが良い人を解説していきます。

 

婚活がおすすめな人

「結婚すべきか、独身でいるべきか?」と少しでも考えた方は婚活がおすすめといえます。

結婚すべきかと一瞬でも考えた時点で、自分の中に結婚への意識があるといえるでしょう。

お伝えした特徴に全て当てはまっていたとしても、環境や状況による要因は変えられるチャンスがあります。

 

まだ独身でいたほうが良い人

一方、まだ独身でいたほうが良い人は、自分のお金や時間を全て自分のために使いたい人です。

「結婚しても趣味を楽しみたい」「できるだけ自分のペースを乱したくない」といった願望は、相手とのすり合わせで解決できるでしょう。

しかしながら、ほんの少しでも自分のものを差し出したくないと考えている場合は、まだ独身でいたほうが良いといえます。

 

40代独身男性が結婚を目指すなら

40代の独身男性が結婚を目指す方法と特徴をご紹介します。

20代や30代の頃と出会い方やポイントが異なっているので、年齢が上がった40代ならではの注意すべき点を抑えておきましょう。

 

清潔感を出す

結婚を目指す前提として、清潔感を出すように心がけましょう。

ヒゲを剃る、爪を切る、シワやシミのない洋服を着るといった基本的な点はもちろん、年齢を重ねるにつれて皮脂や体臭が気になる場合があるのでケアしていきましょう

また、見た目の清潔感だけではなく、周囲に配慮のない大きなくしゃみや音を立てて食事をするなど清潔感に欠ける行動を避けることも大切です。

 

理想の結婚相手の条件を考える

結婚相手に求める条件を再考してみましょう

人生を共にする相手のため、条件をこだわりたいと思うことがあるでしょう。しかしながら、自分が完璧人間ではないように、条件が全て揃ったパーフェクトな女性はなかなかいないものです。

そのため、理想の条件の中でも特に優先したい点をピックアップしてみます。さらに、どうしてその条件が必要なのかも考えてみると良いでしょう。

 

親戚に声をかけてみる

親戚や知人に、結婚相手を探していることを伝えてみましょう。

40代になると、周りの友人や同僚も既婚者が多くなるため、紹介の機会が減ってしまいます。そのため、自分よりも年上の親戚や知人を頼ってみましょう

親戚や知人の場合、自分のことを知っている安心感がありますが、紹介された時に断りにくいことがあるので注意しましょう

 

趣味や習い事のコミュニティに参加する

自然な出会いを期待する場合、趣味や習い事のコミュニティに参加して出会いの機会を増やしましょう

一方で、趣味や習い事のコミュニティの場合、自分の趣味だけではなく、異性も参加しているジャンルを選ぶ必要があります。

また、趣味や習い事といったコミュニティはあくまで娯楽の場所であり、既婚者の方や結婚を考えていない方もいることを理解した上で参加しましょう

 

婚活パーティーに参加する

企業や地域が主催する婚活パーティーに参加してみましょう

婚活パーティーでは年齢や年収などに制限を設けている場合があります。また、幅広い年齢層が集まる婚活パーティーでは、20代、30代の男性に人気が集中することも念頭に置いておきましょう。

さらに、婚活パーティーでは数多くの男性がいるので、ライバルに負けないように積極的に声をかけていくスキルも求められます

 

結婚相談所の利用を検討する

結婚相手を探す方法として、結婚相談所の利用を検討してみましょう

結婚相談所は、会員データを基にしてマッチングを行うデータマッチング型と、カウンセラーが出会いから成婚までをサポートする仲介型に分かれているため、自分に合った形態の結婚相談所を選ぶことが大切です。

仲介型は、独身証明書や源泉徴収票、家族構成等の提出が必須の場合が多いため、きちんとした身分の保証があり安心してお相手を探すことができます。さらに手厚いサポートがあったり、聞きづらいことを代わりに確認してくれたりといったサポートがあるため、恋愛経験が少なめの方や奥手の方、仕事などで忙しく時間のない方から支持を集めています

 

まとめ

今回は40代独身男性の特徴についてお伝えしました。

40代の独身男性は、環境や状況によって結婚していない場合があります。そのため、どんな方にも婚活の可能性があるといえるでしょう。

結婚相談所WeBConは仲介型の結婚相談所であり、カウンセラーと一緒にプロフィールを作り上げてまいりますヒアリングやマッチングシートを活用しながらあなたの価値観や考え方を明確にしていきます。「結婚しても自由な時間が欲しい」など、独身生活が長い故に気になる点もカウンセラーにお伝えいただき、ご要望に沿った婚活を進めていくことが可能です

さらに、お見合いシミュレーションやデートシミュレーションを行うため、恋愛の経験が少ない方や女性への接し方が分からない方でも、安心して婚活できる相談所となっております。

無料相談会には結婚をするべきか迷われている方も参加されていらっしゃいます。全国の店舗で無料相談会を実施中ですので、ぜひ気軽にお越しくださいませ。