携帯電話からもご利用いただけます

10:00~18:30
  1. ウェディング・インフォメーション バックナンバー

次こそ「本気」で結婚したい方へ仲人型結婚相談所WeBCon

menu

WeBConとは

ウェディング・
インフォメーション

毎日素晴らしい出逢いがあり、毎日素晴らしいカップルがご成婚されております。 その中でも特にドラマチックで感動的なご成婚をご紹介いたします。

バックナンバー

プロドライバーのエピソードの写真
エピソード 8

プロドライバー

トラックドライバーの58歳の男性、仕事柄話すことが少なく「一日中運転していて一度もしゃべらなかった日もある」なんて言われるほどの無口な方でした。

女性は49歳のこれまた無口な大人しい女性でした。

お見合いではお互い「可もなく不可もなく・・・」といった印象だったらしいのですが、カウンセラーの強い勧めで後日デートに出かけました。

ドライブデートでしたがデート後女性からカウンセラーに、彼と是非お付き合いしたいと申し出がありました。

詳しく聞いてみると彼の運転に人柄が強く出ていたとの事、「子供がいたらしっかり徐行したり、ちゃんと譲ってあげたり、私が助手席で飲み物を飲んでいる時はすごく気を遣ってブレーキを踏んでくれているのが分かったのです」

順調に二人は交際を経て成婚しました。

運転で彼女を惚れさすなんてさすがプロのドライバーといったエピソードです。

山なし谷なしのエピソードの写真
エピソード 7

山なし谷なし

男性は46歳、これまでの人生はまさに山あり谷ありで大変苦労されていたとの事でした。

入会時も「波乱万丈の婚活になるんじゃないかと思っています」なんて笑っていました。

ところが最初にご紹介した39歳の女性とお見合いからスムーズに交際、そして2か月の交際の後にアッサリ成婚が決まりました。

成婚式では、簡単に決まりすぎてちょっと怖いんですけれど、なんて笑っていましたが「この出会いをきっかけにこれまでとは真逆の平穏な人生が送れそうな気がします」と言われた言葉に心からそうであってほしいと感じました。

きっと彼女が彼の人生に穏やかさを運んでくれたのではないかと感じざるを得ないエピソードです。

本当の姿のエピソードの写真
エピソード 6

本当の姿

男性は41歳、有名国立大学を卒業されていますが、自分でも堅物と評しているほどの方で、カウンセリングでもあまり笑顔を見せてはくれず、お見合い後、女性からの良い返事であっても、お断りであっても「そうですか」と言うだけで表情一つ変えない方でした。

そんな彼に興味を持ったのが35歳の女性、「自分はちょっと変わりものかも、いつも友達たちと好みが違うんです」なんて言っていましたが彼とはお見合いから順調に交際を経て出会って3か月で成婚を決められました。

成婚式で堅物と思われた彼が彼女に周りの私たちの顔が赤くなってしまうくらいの甘やかな言葉をかけているのを聞いてカウンセラーたちもびっくり!

それを聞いた彼女の「もう、いつもそんなことばっかり言って!」といった言葉に二度びっくり。

彼の「僕は愛している人だけに本当の姿を見せるんだよ」といったセリフにカウンセラー一同ごちそうさまとしか言えないエピソードです

まさかのきっかけのエピソードの写真
エピソード 5

まさかのきっかけ

彼は47歳のIT企業にお勤めの方でご入会時に「自分には特に取り柄は無いかな・・・しいて言えばゲームがうまいことぐらいなので恋愛には役に立ちませんよね」なんて最初からなぜかあきらめモードでした。

彼女は32歳、しっかりとした企業にお勤めでまさに仕事ができる凛とした雰囲気の方でした。

そんな二人がお見合いとなった理由は彼女の希望が「とにかく穏やかな男性」を希望されていたからです。

「こんな綺麗な女性と話せるかなぁ」なんて心配していた彼ですが、シミュレーションでとにかく穏やかさを引き出す練習をしていざ本番へ。

しかし緊張していた彼はすぐに話題をゲームのほうへもっていったのですが・・・なんと彼女も隠れゲーム好き。

そのままお見合いは盛り上がってとんとん拍子で交際から成婚へ。

彼女がひかれたのは彼の穏やかさですがきっかけはゲームという事で何が幸いするかわからないといったエピソードです。

正直すぎる男性のエピソードの写真
エピソード 4

正直すぎる男性

男性は44歳の真面目を絵にかいたような男性、仕事一筋で入会時のカウンセリングで「恋愛経験は一度もありません」とおっしゃった正直な方です。

でもその正直さゆえにお見合いでは自分の条件の悪さを話し過ぎてしまってうまくいきませんでした。

シミュレーションで余計なことは話さない練習をして37歳の入会したての女性とのお見合いに臨んだ彼でしたが、お見合い後に女性が「見た目もタイプとは違うし、会話があまりなかったので何ともわかりません」との事でした。積極的なお断りではないと感じた担当カウンセラーは「もう一度会ってみたら彼の良さがわかるからぜひ会ってみて!」と猛プッシュをかけたところ返事はOK。

緊張がほぐれたデートを経て彼女は彼と交際へ進みました。

成婚式で彼女が「彼のいちばん好きなところは正直なところです」といったのを聞いてやっぱり交際したらちゃんと人柄って伝わるのだなと感じたエピソードです。

赤い糸?のエピソードの写真
エピソード 3

赤い糸?

お母様の勧めで入会されたものの、あまり結婚には前向きではなかった男性は、お相手選びの際、積極的に選んでいただけずにお相手選びが何度も続く方でした。イベントにお誘いした際も行きたくないとおっしゃっていましたが、私も一緒に行きますと何とか重い腰を上げていただき、参加いただきました。女性のほうは1年だけの活動と決めてスタートし、その1年を迎えるので最後の活動としてイベントに参加されました。

女性がほぼ一目惚れの状態で気に入られ、交際1か月でご成婚されました。

「まさか自分が女性から気に入られるとは思わなかった」

そうおっしゃいながらご成婚されて1年、現在男性は、来年の春に産まれるお子様のパパになる準備をされています。

やはり第一歩を踏み出すことが何より大切だと感じられるエピソードです。

結婚相談所のWeBCon プライバシーポリシー ノートンセキュリティ
©2015 WeB Corporation.All Rights Reserved.

PageTop