「婚活コミュニケーション力」を養う WeBConカウンセラーの婚活アドバイス

「異性と会話するのが苦手」「1対1だとすごく緊張する…」、
そんな皆様のために、WeBConカウンセラーが親身にサポート!
スムーズなコミュニケーションができるようになるための
会話の際の心構えや注意点を分かりやすくご説明します。

会員様目線で考えるコミュニケーションのポイントって?
〜態度編〜

相手の立場になって考えてみることが大切
話す「態度」にも気を使って好感度アップ!

初めまして、WeBConカウンセラーの長谷川です。これまで私たちカウンセラーは何人ものお客さまのカウンセリングをさせていただきながら、出逢いと交際、そしてご成婚までの道のりをお客さまと二人三脚で、親身にサポートしてまいりました。

このように日々数多くのお客さまと接するなかで感じるのは、ご成婚された皆さまには会話の仕方や態度・物腰に、相手に好感を持たれる、ある種の共通点があるということ。「コミュニケーションの極意」とまではいきませんが、ここでは私どもが感じているこの「共通点」、すなわちコミュニケーションを円滑に進めるうえでの大切な心構えや会話のポイントについてお伝えしたいと思っています。

第1回では弊社の会員の皆さまから寄せられたお相手への意見・要望を分析。
どうすればうまくコミュニケーションができるのか、特に会話の際の「態度」の注意点についてお話したいと思います。お見合いやデートをした実際のお相手の方からのご意見を紹介しながら解説していきます。

「何も話してもらえないのでこちらが一人で話し続け、お相手からはほとんど話を聞くことができませんでした。これでは正直疲れてしまいます…」

話が苦手な方もいると思いますが、少なくとも「話そうとする姿勢」は相手に分かるように伝えるのがマナーというもの。相手の話に相づちを打ちながら、話の内容に対する感想ぐらいは伝えるように心がけましょう。ゆくゆくは相手の話から話題を展開させることができるようになりたいですね。

「緊張しているのか、相手の方がすごくかしこまった態度をしていて…。話をする表情も暗く、こちらも緊張してしまうんですよね。結局、リラックスして話ができませんでした」

人生を共に歩む相手として、相手からも「YES!」をもらいたいところ。そのためには、相手に「安心感」を与えることが大切です。特に目つきは注意! 弊社でお見合いをした女性の会員様から、実際に「相手の目つきが怖かった」という感想が寄せられたこともありますからね。目つきを含めた「表情」を柔らかい雰囲気にするには、相手を包み込むような心のゆとりを持つことが大切です。そうすれば表情は自然に穏やかになります。

「デートの際、どこで話をしていても相手の声がすごく小さくて、聞き取りづらかったんですよね。自己主張が強くなくて"いい人"なのかもしれませんが、なんだか頼りなく感じました」

声が小さいと、いくら相手の興味のある内容だったとしても、積極的に聞いてもらえません。ぜひ自信を持って大きな声を出しましょう。特に語尾をはっきりと発音すると、聞き取りやすくなり効果的です。自分の声が相手にきちんと聞こえているかは、相手の表情を見ていればわかるはず。日ごろから大きな声で話をする努力をして、いざというときに、人生を共に歩む頼れる存在としての印象を与えられるようにしましょう。

上記の3つの例を考慮すると、相手に好印象を持ってもらうためには、話の「内容」だけではなく、お相手に対する姿勢や物腰、表情などを含めた「態度」もとても重要なことがわかると思います。普段から、話をしている自分を客観的に見るようにして、好感を持たれる態度や物腰になるように意識して取り組みましょう。

お電話でのお問い合わせ

0120-934-073

携帯電話からもご利用いただけます。
受付時間
10:00〜18:30(定休日を除く)
営業日
左サイドバーの営業日カレンダーをご覧ください。

資料請求

パンフレットをご希望の方はこちらから。
郵送でお届けいたします。

資料請求へ